Let’s note CF-NX3のSSD換装により生じたエラー

PC備忘録
この記事は約5分で読めます。

就活で、持ち歩き用のノートPCがほしかったのですが、手持ちのノートPCはThinkPad E560とかなり重量級(しかもRadeonが乗っかってる)なので、PanasonicのLet’s Noteを中古販売しているBe-Stock!から中古のLet’s Noteを購入しました。

SSDが120GBのモデルを購入したのですが、リカバリ領域を保持しながらOffice 365を入れるとかなり容量がきつかったので、価格.comで安いSSDを買って差し替えようと思ったところ、一部不具合が発生したので、備忘録です。

購入品紹介

Panasonic Let’s Note CF-NX3

このモデルの、SSD120GBモデルを購入しました。購入時の価格は25,800円(2018/10/29時点)。

Windows7 Proプリインストールモデルだったので、Windows10アップグレードプログラムを使用し、Win10にしました。
2020/02/27現在、Windows7Home/ProプリインのPCは、無償でWindows10にアップグレードできるようです。

まだ可能!Windows 10 への無償アップグレード方法【2019年版】
Windows 10 への無償アップグレードは、2019年現在でも可能です。この記事では、アップグレード方法はもちろん、アップグレード条件や押さえておきたい注意点などを、画像付きで詳しく解説しています。

CFD販売 CSSD-S6B240CG3VX

CFD CSSD-S6B240CG3VX 価格比較
■最安価格(税込):価格情報の登録がありません ■価格.com売れ筋ランキング:-位 ■満足度レビュー:4.45(37人) ■クチコミ:103件 (※9月2日時点)

余談ですが、SSDを選ぶ基準として、以下の2点をチェックしています。

  • NANDタイプ
  • TBW・MTBF(平均故障間隔)の記載の有無

NANDタイプについては、以下のサイトが詳しく説明しています。
別に、データセンターみたいなヘビーな使い方はしないし、毎週バックアップをするので、個人ならQLCで良いと思います。

TBW・MTBFについて、SSDは消耗品(HDDも、PCは全てのパーツが消耗品)のため、いつかは使えなくなる日が来ます。特にTBWやMTBFが仕様に記載されていない製品は、信頼性というかきちんと使い続けられるのか不安です(個人の意見です)。

そのため、きちんとTBW・MTBFを記載しているメーカー(WD、Lexar、Trancendとか、名の知れてるメーカーはきちんと記載している)の中で比較・検討が大切と考えています。

TBWとは書き込める総量をあらわす単位です。
たとえば 60TBW とは 60TB 書き込めるという意味です。
つまり 60TBW のSSDに、毎日 1TB 書き込むと 60日 で寿命に到達するという計算になります。
毎日の書き込みが100GBなら600日、10GBなら6000日(16.4年)が寿命という計算になります。

SSDメモ: TBW の意味
上記のSSD、きちんとメーカーサイトに記載されている。

SSDの換装

EaseUS Todo Backup の使い方: GPT Windowでクローンに失敗しない手順 -その1
EaseUS Todo Backup でクローンに失敗しないための手順を&#320...

こちらのページでしっかりと説明がされています。

「その3」で紹介されているスタートアップ修復が、何度行っても正常に終了しないところからこの問題は始まりました…

なお、EaseUS Todo Backupは、無料版でもネットワーク上のドライブに保存できるので、かなりおすすめのソフトです。

WindowsのHomeエディションは、バックアップ先をネットワークデバイスに設定することができません。
なので、リビングで使用しているHomeなPCのバックアップのために、EaseUS Todo Backupが使えると思います。

EaseUS®完璧な無料データバックアップソフト - EaseUS Todo Backup Free
【EaseUS(イーザス)公式サイト】EaseUS Todo Backup Freeは無料であなたのデータをコンピュータ、ハードドライブ、ネットワーク、CD / DVDなどの複数の場所までもバックアップできるソフトウェアです。

発生したエラー

  1. OSの設定から回復オプションを起動できない(解決済)
    (BIOS設定画面に遷移できない、障害時に回復オプションが起動できない)
  2. OS標準のバックアップがエラーコード0x80080005で開始できない(未解決)

原因

WindowsのMSR領域、回復領域が正常でなかった

GPTディスクのお勉強 (128MB/16MBの不明な隠し領域)
「GPTディスクなのにMSRがないPC」「手動で隠し領...

このサイトにMSR領域について書かれていますが、クリーンインストールをした場合のWindowsの標準的なパーティーション構成は、以下の画像のようになります。

また、メーカー製PCの場合は、回復領域の前に8~15GBのリカバリー領域が存在しています。

換装前からかわかりませんが、上の画像中の529MB、99MBの中身(もしくはパーティーション分割方法とか何か)がおかしくなっていると考えました。

ちなみに、特に換装後に起きやすい回復→詳細オプションの復旧方法であるreagentcは試しました。

クローンディスクの消えた回復-詳細オプションの項目を reagentc.exeで復旧する
 EaseUS Todo BackupなどでクローンしたUEFIベースPCのWindows10で、設定アプリの…

対応策

MSR・回復領域を再インストール

上記の手順でEaseUS Todo Backupを使い、上で紹介したreagentcで回復パーティションを再設定すると、回復→詳細オプションが表示されるようになりました。

EaseUS Todo Backup Freeで代用

詳しい使い方は割愛しますが、Windows標準のバックアップより高機能なソフトがあるので、十分代用できます。(中国企業で信頼性は低い気もするが…)

以下のサイトが詳しく書かれています。

EaseUS Todo Backupの使い方 – OSのクローン生成ソフト | データ復旧大図鑑 – 自分で解決!ファイル復元
Easeus Todo Backup(イージス トゥードゥー バックアップ)は、Windowsを丸ごとバックアップしたり、HDDやSSDのクローンを作成してコピーを容易にするフリーソフトです。 無料で利用できるフリーソフトなので多くのサイトで

最新版は画面が違うので、こちらも参考にすると良いです。

WindowsのイメージバックアップにEaseUS Todo Backupを使ってみた
robocopyによるファイルのバックアップやGmailのバックアップ等については記事にしてきましたが、システム全体のバックアップについて書いておりませんでしたので、今回はOS標準のイメージバックアップとEaseUS Todo Backup

まとめ

MBR(BIOS)からGPT(UEFI)に変わったことで、技術的な制約が多く、互換性等の問題が多く見受けられるようになりました。

大切なファイルを失わないよう、日々のバックアップを怠らないようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました